お問い合せ サイトマップ


    AGNES CHAN OFFICIAL SITE 〜アグネス・チャン オフィシャルサイト
NEWS/新着情報
DIARY/日記
LINK/リンク
HOME
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
 
年末のご挨拶
ハンド・イン・ハンド募金 
40周年記念 アグネス・チャン プレミアム(10枚組CDボックス)最新情報!!
40周年記念 アグネス・チャン プレミアム(10枚組CDボックス)最新情報!!
「雨ニモマケズ」ビデオクリップが完成しました。
6月16日、「雨ニモマケズ」テレビ初披露!!
アグネス、ユニセフ レーク事務局長・黒柳親善大使と女川町を再訪
アグネス、ユニセフ レーク事務局長・黒柳親善大使と女川町を再訪
「アグネス・チャン プレミアム」(復刻版CDボックス) 発売決定!!
第3回グローバル防災会議で基調講演
手作りの「ぬいぐるみ」が大好評
東日本大震災 春が来た! 子ども達にもどりつつある笑顔。
東日本大震災 春が来た!子ども達にもどりつつある笑顔。
東日本大震災 被災地への訪問
心を痛めている事があります
4月中には被災地を訪ねます
4月中には被災地を訪ねます
ユニセフ支援活動展開へ
平和コンサート
ユニセフ パートナーとして
美STORYで連載!!




NEWS/新着情報

年末のご挨拶

拝啓 
師走の候 寒さも日、一日と厳しくなり、木枯らしが吹きすさぶころとなりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

お蔭様でアグネス・チャンは、本年11月25日に、日本デビュー40周年を迎えることができました。
まったく日本語も出来ずに、香港から来日した少女が、皆様の暖かいご支援とご指導のお陰で、今日まで日本で活動できたこと、どんなに感謝しても感謝しきれません。
この間、山あり谷あり、色々なことがありましたが、現在、こうして元気に仕事を続けていられること、本当にありがたいと思っております。
皆様のご厚情に改めて、心より感謝致します。

今後とも、変わらぬご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

さて、今年は東日本大震災以降、日本全体が、何とかして大きな悲しみと困難を乗り越え、その復旧と復興のために出来得る限りの力を尽さねばと、心を合わせて歩み続け、支援をしてくださった世界各国との絆を感じた一年であったように思います。

あれから9ヶ月。アグネスも、日本ユニセフ協会大使として、個人として、何度も被災地の人々を訪ね、支援を続けて参りました。しかし、本格的な復興のためには、まだまだ多くの時間と資金、知恵と努力が必要だと思わざるを得ません。

家族や家、財産を失い、吹きすさぶ風雪に対峙している被災地の方々のことを考えると、世界を取りまく厳しい経済状況や、将来に対する不安などに頭を悩ませている暇はない。何とか皆で力を合わせて、この困難を乗り切らねば…、少なくとも東北の方々のことを忘れてはならないという思いを強くします。

2012年は、夢を抱き、実現させていく、希望に満ちた1年であると信じております。

今年も関係者の皆様、ファンの皆様に多くのご指導・ご支援を頂けましたことを心より感謝しております。
どうぞ皆様が、よいお年をお迎え下さいますようお祈りいたします
敬具
2011年12月吉日
(有)トマス・アンド・アグネス


ページトップへ

ハンド・イン・ハンド募金 

明日、12月23日は恵比寿ガーデンプレイスにて毎年恒例、ユニセフのハンド・イン・ハンド募金が行われます!!もちろん、日本ユニセフ協会大使のアグネスも参加します!!

ユニセフ ハンド・イン・ハンド募金は、世界の子どもたちの幸せと明るい未来を実現させるため、市民一人ひとりがボランティアとして参加する募金活動です。1979年の国際児童年に始まり、今年で33回目を迎えます。

毎年、恵比寿ガーデンプレイスでグランドフィナーレを行っております。今年も多くの著名人が集まり、募金活動行いますので、是非、皆様も恵比寿ガーデンプレイスにお越しください!

↓詳しくは日本ユニセフ協会のHPでご確認ください
http://www.unicef.or.jp/cooperate/handinhand/chuoh/index.html

ページトップへ

40周年記念 アグネス・チャン プレミアム(10枚組CDボックス)最新情報!!

商品はこちらより、ご予約いただけます。
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQCL-281



ページトップへ

40周年記念 アグネス・チャン プレミアム(10枚組CDボックス)最新情報!!

アグネス・チャン プレミアムボックスの発売日が決定しました!!
「ひなげしの花」がリリースされた11月25日に、デビュー40周年記念プロダクツとしての発売となります!!

当時のジャケットをそのまま復刻し、別冊歌詞ブックレット、
デビュー〜現在に至るまでの活動をまとめた、別冊パンフレットを封入。
そして・・・初CD化となる貴重な4種類の「声の出る ウィスパーカード」 も入っています!


アグネス・チャン プレミアムの3大ポイント!
.▲襯丱8タイトル10枚を収録
「ひなげしの花」「花のように星のように」「草原の輝き」「FLOWER CONCERT」(2枚組ライブ)
「アグネスの小さな日記」「あなたとわたしのコンサート」「あなたにありがとう」(2枚組ベスト)
「小さな恋のおはなし」をジュエルケースで復刻。
∪爾僚个襦.Εスパーカード その1、その2、その3、その4を収録。
ファンの皆様からのご要望にお応えして、ウィスパーカードを増やしました!
「花のように星のように」「FLOWER CONCERT」「あなたとわたしのコンサート」「あなたにありがとう」に封入されていたポスターを追加。
 ※ポスターは今回復刻のジャケットサイズに合わせて縮小されています。

さらに、ファンの皆様からの多数のご要望により、特別追加募集を10月23日までの期間限定で行うこととなりました。

前回締め切りでご応募いただけなかった方、これが最後のチャンスとなりますので、お急ぎご応募ください!!



商品はこちらより、ご予約いただけます。
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQCL-281



ページトップへ

「雨ニモマケズ」ビデオクリップが完成しました。

東日本大震災が起きてから約3ヶ月。
この間、アグネスは、募金をしたり、香港でのチャリティコンサートに参加したり、宮城・岩手の被災地を訪ねたりしてきました。
しかし未だに10万人近くの方々が避難所におられ、中には現在でも、まだ温かい食事も食べることが出来ない方達がいらっしゃるという現実に触れると、その被害の大きさに言葉を失ってしまいます。
また福島の原発でも、事故発生以来、多くの方達が懸命の努力を続けているにもかかわらず、未だに危険な状態が続いており、被災地の方達は、本当に辛い思いでおられることと思います。
私も、アグネスに同行して宮城・岩手の被災地を訪問しましたが、実際にその地に立つと、写真や映像では決して分からない地震と津波の恐ろしさ、そして広大な地域に渡る被害の甚大さを実感しました。本格的な復興のためには、まだまだ長い時間がかかるであろうと考えざるを得ません。
被災された皆様のことを思うと、微力ではありますが今後も自分たちに出来る方法で、長期的なご支援をしていかなければ…と思います。

アグネスは、今でも毎日、被災地に思いをはせ、心を痛めています。今週末も改めて被災地を訪ねる予定です。そんな中、今出来ることのひとつとして、香港チャリティコンサートのテーマ曲だった「雨ニモマケズ」(原詞・宮沢賢治、作曲・Tang Chi Wai(智偉)、編曲・Johnny Yim)を改めてレコーディングしました。
この歌は、もちろんビジネスとは一切関係なく、あくまでも被災者の皆様を励ましたいという思いから歌ったものです。
すでに現地の災害FMなどを通じて、被災者の方々に聴いていただいていますが、今回ビデオクリップが完成したので、HP上でも公開させていただきます。

日本、そして世界中の人々が東北の人々のことを応援している。その思いを共有しながら聴いていただければ幸いです。

2011年6月7日
                                              T&A 代表 金子 力

【関連URL】
http://www.youtube.com/watch?v=8KrVYwDWNho
ページトップへ

6月16日、「雨ニモマケズ」テレビ初披露!!

NHK総合「歌うコンシェルジュ」(朝10時5分〜10時55分)にゲスト出演したアグネス。
母校スタンフォード大学のティナ・シーリグ先生の授業にスポットを当てた「スタンフォード白熱教室」の紹介では、自身の留学体験をもとにスタンフォード大の授業の斬新さ、ユニークさなどについて語り、番組放映に期待を寄せていました。
また、同番組で、司会の秦万里子さんのピアノで初めて「雨ニモマケズ」を披露したアグネス。
「この歌が少しでも被災地の皆さんの励ましになれば、何より嬉しいです。」と心を込めて唄い上げていました。


ページトップへ

アグネス、ユニセフ レーク事務局長・黒柳親善大使と女川町を再訪

6月4日、アグネスは来日したユニセフ事務局長、トニー・レーク氏と黒柳徹子親善大使と共に、再び宮城県女川町を訪ねました。
女川第二小学校、中学校、体育館内の避難所を訪ねた3人は、子ども達や町民の方々と、話しや歌で交流し、楽しいひと時を過ごしました。
震災直後から被災地に入り、子ども達の保健・栄養・教育・保護の各分野で支援活動を続けてきた日本ユニセフ協会。
ユニセフ協会大使として、被災者の方々に寄り添って支援を続けてきたアグネスは、この日もトークに続いて、「しあわせの花」「雨ニモマケズ」「ひなげしの花」などを披露、子どもからお年寄りまで、笑顔の輪が広がりました。
レークさん、黒柳さんと別れたアグネスは、さらに、なかなか支援の手が届かないという集落にある避難所へ。
「オレはアグネスのデビュー当時、ヤクルトホールのコンサートへ行ったことがあるよ」
「私は2年前、石巻の平和コンサートへ行きました」
という思いがけない被災者の方の言葉に大感激したアグネス。
ここでもいろいろなお話をし、歌を披露して被災者の方々と触れ合いました。


ページトップへ

アグネス、ユニセフ レーク事務局長・黒柳親善大使と女川町を再訪

アグネス、ユニセフ レーク事務局長・黒柳親善大使と女川町を再訪

ページトップへ

「アグネス・チャン プレミアム」(復刻版CDボックス) 発売決定!!

70年代、アイドルの先がけとして日本中にアグネスブームを巻き起こしたアグネス。
そのデビューアルバムから順に全8タイトル(10枚)のアルバムが、ファンの皆様の熱烈なご支持によって、CDで復刻され、10枚1組みのCDボックスで発売されることが決定しました!
1972年のデビューアルバム「ひなげしの花」・レコード大賞新人賞を受賞した「草原の輝き」をはじめ、「小さな恋の物語」・「ポケットいっぱいの秘密」・「星に願いを」・香港時代の「サークルゲーム」など感涙もののヒット曲の数々が収録されています。

■商品概要
☆下記のアルバム8タイトル(全10DISC)を完全復刻しボックスに収録して発売。(歌詞&写真入りブックレット付)

,劼覆欧靴硫屐複隠坑沓廓1月22日発売) 
花のように星のように(1973年5月10日発売)
A雜兇竜韻(1973年8月25日発売)
Flower Concert(1973年11月10日発売)
ゥ▲哀優垢両さな日記(1974年3月25日発売)
Δ△覆燭箸錣燭靴離灰鵐機璽函複隠坑沓看8月10日発売)
Г△覆燭砲△蠅とう(1974年11月25日発売)
┥さな恋のお話(1975年4月25日発売)

☆価格:10枚組¥20,000(税込)  

なお、このCDボックスの特典として、幻の「声の出るウィスパー・カード アグネス・チャンその1」も、CD化されることが決定!デビュー当時のアグネスのたどたどしい日本語のメッセージが収録され、大変貴重な特典となっています。

アグネスのデビュー当時の懐かしく、可愛らしい歌声が今、甦ります!!
あの懐かしい青春時代にタイムスリップしてみませんか?


発売は、デビュー40周年記念版として、10月末〜11月初旬になる予定です。ソニーミュージックショップでは8月まで予約を受付しております!
なお、完全予約制となっておりますので、店頭などでの販売は一切ありません。
まだお申し込みでない方は、お急ぎご予約ください。

http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=DQCL-281



ページトップへ

第3回グローバル防災会議で基調講演

アグネスは5月10日、スイスのジュネーブで行われた第3回グローバル防災会議に日本ユニセフ協会大使として招かれ、基調講演を行いました。
今回の東日本大震災では、未曾有の被害が出た一方で、学校へ通う子ども達の約95%以上が被害を逃れることが出来ました。これは、日ごろの日本の安全教育と防災訓練の賜であり、教育が子どもたちの安全を守ることの実証にもなりました。
約3000人が参加した会議でスピーチをしたアグネス。その反響は大きく、国連の正式なサマリービデオでも報告されました。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=X_Cp26GNtrU#at=264


ページトップへ

手作りの「ぬいぐるみ」が大好評

「私たちは手芸をやっている団体です。被災地に行くのであれば、私たちの作ったウサギのぬいぐるみを一緒に持って行ってくれませんか?」
というボランティアの方から頂いたメールがきっかけとなり、岩手県下の保育園などに通う子ども達に、手作りのぬいぐるみを手渡したアグネス。
そのぬいぐるみを見たとたん、子ども達の顔にパッと笑顔が広がりました。1つ1つ表情が違うぬいぐるみには、本当に作り手ひとりひとりの思いが込もっていて、子ども達にも保護者にも先生にも大好評。1人ずつ子どもにぬいぐるみを手渡し、名前を書いてあげてサインをするアグネスの周りには、子ども達の笑顔が溢れていました。


ページトップへ

東日本大震災 春が来た! 子ども達にもどりつつある笑顔。

4月29日から5月2日まで岩手県の被災地を訪ねたアグネス。
日本ユニセフ協会大使として陸前高田市・宮古市・釜石市・山田町・大槌町・田老町などの避難所・学校・保育園などを慰問した他、現地の災害FMなどにも出演しました。
4月中旬に訪ねた宮城県同様、目の前に広がる被害の甚大さに言葉を失ったアグネス。
「花巻市内から被災地へ向かう途中の東北の風景の美しさには感動しました。たんぽぽも菜の花もチューリップも、梅も桜もすべての花が一斉に咲き誇る東北の春の美しさ、やさしさ。その風景が海岸に近づいた途端、無残な瓦礫の山に変わってしまうのですから、そこに暮らしていた皆さんの気持ちを考えると,本当にやりきれません。ただ、ようやく新学期も始まり、学校や保育園が再開されたため、少し子ども達に笑顔が戻っていたことが何よりの救いでした。」と語るアグネスでした。

今回も日本ユニセフ協会が提供する絵本(小さな図書館)や人形の他、個人で用意した子どもや女性の下着類、ボランティアの方たちからお預かりした手作りのぬいぐるみ等を、被災地の子ども達を中心にお届けし触れ合いました。

日本ユニセフ協会は今、お預かりした東日本大震災緊急募金をもとに、中・長期的な支援を展開しています。
被害の大きさを考えると、こうした支援は、まだまだ継続しなくてはいけません。
是非、皆様のご協力をお願い致します。

日本ユニセフ協会 http://www.unicef.or.jp/



ページトップへ

東日本大震災 春が来た!子ども達にもどりつつある笑顔。

日本ユニセフ協会 http://www.unicef.or.jp/

ページトップへ

東日本大震災 被災地への訪問

アグネスが、4月12日〜15日までの4日間で石巻、牡鹿半島、女川、南三陸、気仙沼、山元町などの20ヶ所近い避難所や学校を訪ねました。
各地で被害の甚大さを目の当たりにすると共に、多くの被災者と触れ合い、直接ユニセフへの要望を聞くことができました。
各地での現状を目の当たりにしたアグネスは「被災地の想像を絶する状況を見て、全てを失ってしまった、たくさんの被災した方々の話を伺って、涙がとまりませんでした。これから学校再開にあわせて、さらに子どもたちへの支援を充実させなければなりません。全国の、そして世界の皆さまに、被災地の厳しい状況を知らせるとともに、日本ユニセフ協会も最大限の支援活動を展開します」と語り、ユニセフと共に医療と保健、教育、保護の三本柱を基本に、さらに充実した子どもへの中・長期的な支援を展開することを誓った。
そして、4月29日からは岩手県の被災地を回ります。



ページトップへ

心を痛めている事があります

心を痛めている事があります。
それは一部の週刊誌の無責任な報道と、事実無根のネット上の誹謗中傷です。
私、個人の事であれば、我慢が出来たかもしれません。
しかし、日本ユニセフ協会への誹謗中傷は、ユニセフの活動を応援して下さるたくさ
んの方々への侮辱であり、ユニセフが支援している子供達も傷つく事になります。
そういう事実に反する報道はやめていただきたいのです。
決して許されるものではありません。
ユニセフは日本ユニセフ協会を通じて、国内への支援活動を50年ぶりに再開し、
今、東日本大震災で被災した子供達の支援に取り組んでいます。
募金を呼びかける時に、ユニセフ本部の規定により、「なお、当緊急・復興支援に必
要な資金を上回るご協力をいただいた場合、現在行われている他の緊急・復興支援に
活用させていただくことがありますので、ご了承願います。」という案内をホーム
ページに載せていました。
しかし、今回の日本支援はユニセフを通じた通常の途上国支援ではないため、集まっ
た募金は全額が日本への支援金になるよう特別な配慮がされました。
ユニセフ本部からも世界のユニセフ協会からも募金や支援が日本に来ています。
日本で集まった募金だけで活動するのではなく、今回はユニセフ本部と海外からの支
援も日本は受けているのです。(もちろん黒柳徹子さんが親善大使を務める「ユニセ
フ東京事務所」も日本ユニセフ協会と一体となって活動をします。)
しかし、こうした説明をしたにもかかわらず、週刊誌はなぜか、「日本ユニセフ協会
への募金は日本の被災者に渡らない」と、ユニセフ協会の信頼を傷つけるような書き
方をしました。間違った情報を元にしたわけではなく、きちんとした説明したにもか
かわらず、あえて間違った報道をした事になります。
今、日本全体が全力で被災地の支援と復興に取り組んで行かなければいけないときな
のに、そんなことをして、なんのためになるのか?
そんな暇があるなら、子供達の未来を考えるなら、日本ユニセフ協会の活動を見てい
ただいて、一緒になって、活動してほしいものです。
日本ユニセフ協会は国連のユニセフに委任された世界36の先進国にある国内委員会
のひとつです。募金活動と子供達の権利の向上のために活動している団体です。ユニ
セフ本部と連携をして、世界の子供達の権利を守るのが目標です。
日本ユニセフ協会が国連ユニセフと関係のない団体といわんばかりの中傷やデマが広
がっていますが、それは事実無根です。
ユニセフ本部と日本ユニセフ協会は、切っても切れないパートナーであり、一体と
なって世界の子供達を守る仲間なのです。
私がユニセフの募金から収入を得ているという中傷も、ネット上で絶えず流されてい
ます。私は1998年に日本ユニセフ協会大使に任命されましたが、一度も協会から
収入を得た事はありません。むしろ、子供達を支援するために、毎年、協会へ寄付を
させていただいています。
無償の活動だからこそ、Volunteer といいます。
私の本業は歌手、エッセイスト、タレントです。
日本ユニセフ協会大使などの活動は、社会のための個人の活動です。
金額はともかく、今回の震災でも日本ユニセフ協会や日本赤十字などに自分なりの寄
付をさせていただきました。
香港の仲間達と震災支援のイベントをやったり、被災地へ送る物資を集めたり、被災
者の皆さんに届ける音楽を作ったり、これからも自分で出来るだけの事はやって行き
たいと思います。
私の周りでも、沢山の方が、自分の出来る事から、被災された方達への支援を始めて
います。
それが、本来みんなで取り組むべき事です。
そんな時に、事実に反した報道をし、被災者の子供達を支援しているユニセフの活動
を妨害する人たちは、自分の行動を恥じるべきです。
沢山の先生達、親達、心のケアーの専門家と一緒に、日本ユニセフ協会は被災地で子
供達を支援します。
私達がやるべき事はたくさんあります。
子供達の笑顔が私達の励みであり、日本の未来です。
微力ですが私も頑張ります。

どうか、これからも事実に反した情報に惑わされずに、日本ユニセフ協会と一緒に活
動を共にして下さい。
そして日本をはじめ世界中の子供達を守っていきましょう。
アグネス・チャン








ページトップへ

4月中には被災地を訪ねます

震災後、3週間を経て、なお、不安定な状況がつづいている福島、そして宮城・岩手をはじめとする被災地の皆さんに、改めてお見舞いを申し上げます。
香港をはじめ、アジア圏のアーチストが多数出演した日本復興支援イベント「愛は国境を越える311チャリティーコンサート」から、日曜日に帰国しました。アグネスも、発起人のジャッキー・チェンさん等と共に連日連夜スッタフの一人としてイベントの準備を進め、本番では総合司会としてコンサートの進行を担当しました。
香港のアーチスト始め、映画界・音楽界の皆さんの日本を支援したいという熱い思いに、一人の日本人として、私も感謝の気持ちでいっぱいになりました。
おかげさまで香港のチャリティーコンサートでは、3時間で、約3億円近くの募金が集まりました。この募金は救世軍を通じて全額日本の被災地に届けられる予定です。

この間アグネスも、日本ユニセフ協会・日本赤十字などに個人的に寄付をさせていただきましたが、香港のイベントを終え、4月中には日本ユニセフ協会大使として2回ほど被災地を訪ねる予定です。直接、現地の皆さんに支援物資を渡し、その声を聞くと共に、これから自分が出来る支援について、熟考し、行動していくことになります。
「特に、不安な毎日を過ごしている女性と子どもたちに一日も早く会いたい」というアグネス。その希望が叶うように、私ども事務所スッタフ一同も、現在準備を進めています。
国難とも言える大変な事態にある日本ですが、より強くより豊かな日本を再建するために、みんなで頑張りましょう。

(有)トマス・アンド・アグネス
代表取締役 金子 力

ページトップへ

4月中には被災地を訪ねます

「愛は国境を越える311チャリティーコンサート」

ページトップへ

ユニセフ支援活動展開へ

13日深夜、

ユニセフ事務局長が、

子どもの保護はじめ広範な分野での緊急支援を、

日本ユニセフ協会と協力して提供する用意があると、

日本政府に正式に表明。

日本ユニセフ協会は、

東京事務所や支部、

地元の協力団体と協力し、

支援活動を展開へ。

募金情報含む詳細をHPにアップ作業中です。

ユニセフ「東日本大震災緊急募金」情報: 

郵便局(ゆうちょ銀行) 振替口座:00160-2-372895 

口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会 

*通信欄に「東日本大震災」と明記願います。

*手数料はご負担くださいますようお願い申し上げます。

インターネット・携帯サイトでも受付け(専用ページを準備中)

ページトップへ

平和コンサート

アグネスが続けてきた平和コンサートが、なんと150回公演を越
えました!

そして、今まで全国をたくさん回らせて頂き・・・全国47都道府
県をすべて回ることが出来ました!!

この平和コンサートがこれだけ続けてこられたのは、主催者の方々
・スタッフの皆様・そして多くのファンの皆様のお陰だと思ってお
ります。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!ありがとうございます。

そして、この平和コンサートはまだこれからも続きます。
これからも宜しくお願いします!

是非、御誘い合わせのうえお越しください。


ページトップへ

ユニセフ パートナーとして

アグネスの日本ユニセフ協会大使としての活動は皆さま既にご存知の通りですが、
今回は、ユニセフのHP内にそのヒストリーが詳しく掲載されておりますので、ご紹介したいと思います。

*アグネス大使とユニセフ支援活動
http://www.unicef.or.jp/partner/partner_act.html
*アグネス大使 海外視察アルバム
http://www.unicef.or.jp/partner/partner_alb.html

アグネスは、初の海外視察「1998年6月のタイ訪問」をはじめとして、海外の子ども達の様々な実情を広く伝え続けています。
それでも世界の子どもを取りまく諸問題は山積されているのです。
アグネスは、これからも世界の子ども達のために活動を続け、情報を発信していきます。

今年の海外視察についても、現在検討を重ねているところですが、
詳細が決定しましたら、オフィシャルブログ内でもご案内させていただきたいと思います。
これからも皆さまのご支援や応援、どうぞよろしくお願いいたします。
(画像 ソマリア視察にて)

【関連URL】
http://www.unicef.or.jp/partner/partner_alb.html
ページトップへ

美STORYで連載!!

ご存じかと思いますが・・・今月から光文社の「美STORY」という雑誌でアグネスの連載がスタート!!

その名も・・・「アグネスの毎日の薬膳」

アグネスが美人になる為の薬膳料理を毎月紹介していきます。
しかも、難しくなく誰でも作れて美味しいというもの。

是非皆さん、ご購読してください!
そしてご自分で作ってみてください!!本当に美味しいのでね。

これからは毎月楽しみにしてください。


ページトップへ
Copyright (C) AGNES CHAN. All Rights Reserved.