お問い合せ サイトマップ


   
NEWS/新着情報
DIARY/日記
LINK/リンク
HOME
がんに負けない太極拳養生法
スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法
ひなげしの終活−人生の最期にどんな記号をつける?
女性にやさしい日本になれたのか−終わらない「アグネス子育て論争」
わたしもぼくも地球人−みんな地球に生きるひとPart4
ブータン 幸せの国の子どもたち
東京タワーがピンクに染まった日〜今を生きる〜
そこには幸せがもう生まれているから
アグネスのはじめての子育て
アグネス・チャンの命を育むスープ
差別のない世界をつくる (国際社会のルール 3)
家族ってなんだろう (子どもだって哲学 (3)) (単行本)
しあわせを見つける マザー・テレサ 26の愛の言葉
わたしの失敗 II
みんな地球に生きるひとPart3
花とカラーの誕生日メッセージ
アグネス流エイジング薬膳デトックス
「結婚生活」って何?
小さな命からの伝言
わたしが愛する日本
アグネスの世界に乾杯
わたしの先生
この道は丘へと続く〜The Road Winds Uphill All the Way
アグネス・チャンのやさしい中国料理
銃弾の指輪
パーフェクトカップル
Drアグネスのポジティブ育児
ねことねずみ
アグネスの「子育てはTWO WAY」
みんなに未来に生きる人
アグネスのファミリー・フィッシング入門
木からのおくりもの
「THEROADWINGSUPHILLALLTHEWAY」
アグネスが教えるとっさのひとこと中国語
ねがいをのぼる太陽に
アグネスのナチュラル薬膳-きれいになるレシピ35
ダギーへの手紙
白い靴下はもう似合わない
アグネスの英語で世界を考える
アグネスの 旅 香港指南
かわうそオリバーと、ゆかいななかま(1〜4)
いじめない いじめられない いじめさせない
みんな地球に生きるひとPart2
Keep on Smiling
アグネスのおやつですよ
大人だって泣いていい
お母さんの子育て心理学
ママ、博士にならなくてもいいよ
新しい女
A TALK WITH AGNES CHAN
不思議の国のOLたち
スタンフォードの朝
TO BE INTERNATIONAL
幸せなのになぜ涙がでるの
ごめんなさいがいえなくて
アグネスの香港指南
ツバメの来た道
COSMO READINGS心をこめてアグネス
愛、抱きしめて
アグネスの体験的国際交流論
アグネスの命がいっぱい
子連れ出勤を考える
アグネスのLOVE JAPAN
アグネス・チャンと世界を語ろう
アグネスの中国家庭料理入門
ひなげし語録
みんな地球に生きるひと
私の赤チャンネル
不思議の国のアグネス
ひなげし語録2 愛が見つかりそう
E.T.2緑の惑星ストーリーブック
歌で平和を…。-帰ってきたつばめ-
アグネスの香港指南
ひなげし語録
アグネス・マイ・中華
HAPPY ENGLISH〜英語は目で覚えよう
不思議の国のアグネス
ハッピー・アゲイン
お元気ですかLOVE LETTER from AGNES CHAN
鈴木武樹とアグネスチャンの英語の時間です
また逢う日まで
小さな恋のおはなしPART掘嵶のメロディー」
イラスト詩集「小さな恋のおはなしPART供
イラスト詩集「小さな恋のおはなし」




CD&BOOKS/CDと本のご紹介
BOOK CD

●がんに負けない太極拳養生法
2016年7月27日 旬報社

がん診療の第一人者、帯津良一先生が見出したがんに負けない太極拳。
その真髄を乳がん経験者のアグネスに伝授。
ページトップへ
●スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法
2016年3月7日 朝日新聞出版

あの「アグネス論争」から約30年。「アグネス論争」からスタンフォードへの道が始まった!
ゲームと漫画は高校生までやらせない、漢字テストを出さなかった息子にお説教8時間!
信念を持ってとことんやり抜いた“アグネス流教育法”が今、明かされる!
そんなの無理! やりすぎ! とあたなたは片付けられますか?
教育の本質とは? 親の役割とは? 改めて考えさせられる、「教育実用書」です。
ページトップへ
●ひなげしの終活−人生の最期にどんな記号をつける?
2015年12月11日 パブラボ

2015年8月に還暦を迎えたアグネス・チャンが、「終活」をテーマに本を書きました。
日本ユニセフ協会大使として数多くの紛争中の国々へ視察するなかで、アグネスは国連の規定になっている遺書を書くことが日常となりました。何度も遺書を書き、さらに、2007年に乳がんを宣告されて「死」と正面から向き合うことになります。
そのときから、アグネスが思い描いてきた「終活」について本書で紹介しています。
終活というと財産管理やその残し方の問題ととらえられがちですが、「財産となるような年齢の重ね方をしたい」とアグネスは本書で提案しています。
いかに人生を楽しく生きるか、残りの人生を有意義に過ごすか、かどんな考え方や生き方をすれば周りの方たちと「笑顔でお別れ」できるようになるのか、生きるためのヒントがたくさんつまった本です。
ページトップへ
●女性にやさしい日本になれたのか−終わらない「アグネス子育て論争」
2014年9月20日 潮出版社

アグネスが27年間の沈黙を経て、初めて「アグネス論争」を含め、真正面から女性問題を語る。。
「女性が輝く日本を実現するために」頑張る女性の背中を押してあげる1冊になっておりなます!
全国の書店やインターネットサイト「アマゾン」などで購入出来ます!
これを読んだあなたは、きっと身近にいる女性に薦めたくなる1冊です。
ページトップへ
●わたしもぼくも地球人−みんな地球に生きるひとPart4
2014年7月18日 岩波ジュニア新書

アグネスの著書でロングセラーとなっている「みんな地球に生きるひと」シリーズの第4弾!!
「わたしもぼくも地球人−みんな地球に生きるひとpeat4」が7/18に発売となりました!
前作から7年、、、この7年間でアグネスが見て感じてきたこと、皆さんに伝えたいことがいっぱい詰まった1冊となりました。
子どもから大人まで、是非、皆様に読んでいただきたいと思います!
ページトップへ
●ブータン 幸せの国の子どもたち
2013年2月22日 東京書籍

国民総生産より国民総幸福量を大切に考え、国民の9割が幸せだと答える「幸せの国」ブータン。実際に視察して見えた政策、医療、そして国民の生活とは…。

学校や医療現場、GNH(国民総幸福量)委員会への取材も行い、ブータンの掲げるGNH政策とはどういう政策なのか、そして国民は決して裕福とは言えない暮らしの中で、なぜそこまで幸せだと感じることが出来るのか、その答えがこの1冊に書かれています。物が溢れ、何不自由ない生活を送る日本に本当の意味の幸せを伝えられる1冊ではないでしょうか。
ページトップへ
●東京タワーがピンクに染まった日〜今を生きる〜
2008年10月1日 現代人文社

「胸はちょっぴりちいさくなったけど、ハートはおおきくなりました」
コンサートの延期によって、偶然に発見できた乳がん。手術、放射線治療を経て、現在ホルモン治療の真っ最中。手術と、治療によって生じるさまざまな身体の悲鳴に耐えながら、つねに明るく元気に困難を乗り越えてきたアグネス•チャン。そのパワーの源は・・・?
ページトップへ
●そこには幸せがもう生まれているから
2008年5月3日 潮出版社

唾液腺腫瘍・乳がんという二つの病を乗り越え、新たにいただいた私の生命。 それは「平和の歌」をみなさんの心に届けるためにあると思っています。 私は声の届く限り「平和の歌」を一生懸命に、心をこめて歌っていきます。 歌声が響くところに、平和は広がる。 そのことを“朗らかに”信じながら―。

さらっと読める上に、読み終わったあとにはなぜか自分も頑張ろう!という気持ちがわいてしまう、日本デビュー35周年を迎えたアグネスが紡ぐ、感動のライフストーリーです。
ページトップへ
●アグネスのはじめての子育て
2008年3月10日 近代映画社

子育てに悩むお母さん必見!!

●子供をすぐ叱ってしまう時は?
●愛情ははっきり言葉で表現しよう
●子どもとの約束は必ず守ろう

忙しい方でもスッと読めます。
アグネス流子育てのノウハウがぎっしり詰まった本です。
お子さんのいる方は、気持ちが楽になり、子育てが増々楽しくなる!?いない方は欲しくなる!?アグネスの思わず吹き出してしまうようなおもしろエピソードも満載です!

ページトップへ
●アグネス・チャンの命を育むスープ
2007年12月1日 主婦の友社

月刊誌「健康」の2年間の連載からまとめられた料理本です。
体に優しいスープの作り方や、美味しい家庭料理がたくん紹介されています。
「毎日の食事の参考になれたら、うれしいです」とアグネスもお勧めです。
ページトップへ
●差別のない世界をつくる (国際社会のルール 3)
2007年11月26日 旬報社

アグネスが語る人権の話。
「特に子供たちや若者に読んで欲しいです。大人になる前に、知って欲しいことを書きました。もちろん大人にも読んで欲しい。人権について考える種になれたら、幸いです」とアグネスは言っています。
ページトップへ
●家族ってなんだろう (子どもだって哲学 (3)) (単行本)
2007年8月30日 佼成出版

アグネスのテーマは、「いい家族ってどんな家族?」です。 他にも立松 和平、三宮 麻由子、星野 哲郎、古東 哲明 など先生たちのエッセーも載っています。佼成出版から発売中です。
12歳から読める!生活の中で探求する哲学書!
ページトップへ
●しあわせを見つける マザー・テレサ 26の愛の言葉
2007年8月24日 主婦と生活社

「あなたはひとりじゃない。」
愛に飢えた人々のために、アグネスがマザーの愛の言葉から26のフレーズを厳選。悩みと不安に揺れる現代日本人の心に響く、愛のメッセージを感動的にひもときます。
ページトップへ
●わたしの失敗 II
2007年7月3日 産経新聞出版

新聞の記事を元に、アグネスの話が載っている新刊です。
著名40人が語る失敗をこう生かした・・・
誰でも失敗しています。でもそれを糧に頑張った人がいます。
ページトップへ
●みんな地球に生きるひとPart3
2007年1月19日 岩波ジュニア新書

アフリカの少年兵、戦乱のイラクで生きる少女、
エイズに感染した若い母親、
アジアやヨーロッパで売られる子ども……
世界を少しでもよくしたいと願うアグネスのふれあい旅は続きます。
ユニークな親子のつきあい方や、日本の子どもたちへのきびしくもあたたかいメッセージもうれしい、
大好評の前2薯に続く感動体験満載の第3弾。 
ページトップへ
●花とカラーの誕生日メッセージ
2006年3月15日 EH春潮社

アグネスがプロデュース。本を開くと色とりどりの様々な誕生日花を見ることができます。366日を現すカラーとその季節に咲く美しい花々が、誕生日のメッセージとなって語りかけます。あなたのカラーイメージフラワーを探してみてください。ちなみに、アグネスのイメージフラワーは?お楽しみに。
ページトップへ
●アグネス流エイジング薬膳デトックス
2006年2月14日 家の光協会

香港出身のアグネスが、母親から伝授された薬膳料理のノウハウを集大成したもの。
“おいしく食べてクスリになる料理”のレシピ30品を中心に、薬膳デトックスの基本的な考え方、簡単にできるストレッチ体操法などが解説されています。
ページトップへ
●「結婚生活」って何?
2005年10月20日 発売 講談社

この本は、共に三人の子どもの母親であるアグネスと喜多嶋洋子さんが、結婚に至るまでの道のりや夫とのかかわり、ままならぬ子育て、自我との葛藤などを赤裸々に語った対談本。昔の貴重な写真が満載。アグネス論争の真相も分かる1冊です。「 特に女性に読んで頂きたい」とアグネス。もちろん男性にもお勧めです。
読み終わるとさわやかな気持ちになる本です。
是非読んでみて下さい。
ページトップへ
●小さな命からの伝言
2004年12月20日発売 新日本出版社

聞いて下さい!世界でいちばん声の小さな子どもたちのさけび声を。
どんなに状況が厳しくても、そこに子どもがいる限り希望はある、未来はある。
日本ユニセフ協会大使としての視察記録
ページトップへ
●わたしが愛する日本
2004年8月1日発売 かもがわ出版

世界とアジアの中での日本の果たす役割は、平和、ものづくり、世界貢献の三つの柱で。日本を愛するがゆえに怒り、憂い、提言する。
ページトップへ
●アグネスの世界に乾杯
2004年1月25日発売 東京ニュース通信社

本書は、「船の旅」{そこに星があるから…}のエッセイの中から、50編を再び再構成したものです。
「家族愛」「地球愛」を織り込んだ旅のエッセイ集。
ページトップへ
●わたしの先生
2004年1月20日発売 岩波ジュニア文庫

1人の先生との出会いがその後の人生を決める
事は多い。作家、科学者、写真家、タレントなど、
各界で活躍する12人が、影響受けた、背中を後押し
された、一言、思い出を熱く語ります。
こんな先生になりたい!
こんな先生にめぐり会いたい!という、
あなたに贈る、人生の先輩からのメッセージ。
ページトップへ
●この道は丘へと続く〜The Road Winds Uphill All the Way
2003年9月15日発売 共同通信社

仕事と家族の両立を試みている
多くの父親と母親に贈る
アグネスからの新たなメッセージ。
小子化日本に一石を投じる話題の書。
ページトップへ
●アグネス・チャンのやさしい中国料理
2002年11月15日発売 ブティック社

楽しく作って、美味しく食べて
体の中からきれいになれる料理を
一杯紹介しています。
ページトップへ
●銃弾の指輪
2002年10月10日発売 幻冬舎

「死ぬことすら恐くない」
「私は愛を貫く」
恋をするから混乱におちる…
恋をしなければ普通にいられたはず。
5人の女たちの激しい心情に深く癒される
アグネス・チャン書下ろし小説集。
ページトップへ
●パーフェクトカップル
2002年4月10日発売 幻冬舎

恋は媚薬か、毒薬か。
完成された人間など存在しないが、
完璧に恋に落ちることがある。
愛しあわずにはいられない男と女の、
残酷なまでに甘美な運命を
描いた9つのラブストーリー。
ページトップへ
●Drアグネスのポジティブ育児
2001年3月20日発売 立風書房

「子供の心は無限大の宇宙です!」
子供の個性を優しく豊に育てる本です。
日々の育児を通じて、家族がつくられていく様子
ほのぼのと描かれてます。
ページトップへ
●ねことねずみ
2001年1月25日発売 講談社

この絵本は、先入観なしで知り合った
ねことねずみが仲良く遊ぶ物語です。
戦争のある時代でも先入観をなくせば
敵と思った相手も友達になれる存在かもしれない…。
大切なメッセージが日本の子どもたちに
伝わるように心込めた絵本です。
ページトップへ
●アグネスの「子育てはTWO WAY」
2000年10月30日発売 佼成出版社

親子の関係はいつもTWOWAYでなければいけない!
親の心から子どもの心へ
子どもの心から親の心へ響き合う事が大切だ。
肝心なのは、フィードバック
手応えがあって初めて
本当のコミニュケーションを実感できる。
親子が育つ双方向教育本です。
ページトップへ
●みんなに未来に生きる人
1999年11月10日発売 旬報社

だれも話してくれなかった事
自由、環境、戦争と平和、生と死
日本ユニセフ協会大使として
世界の子どもたちと
未来を語ってきた著者から
日本の子どもたちへのメッセージ
ページトップへ
●アグネスのファミリー・フィッシング入門
1999年9月7日発売 ラジオ短波出版

アグネスが家族で釣りを楽しめる方法
を楽しく描いています。
川釣りから海釣り、渓流釣りと満載。
アグネス流の釣り理論がぎっしり詰まった本です。
ページトップへ
●木からのおくりもの
1999年5月発売 学習研究社

人間は誰もが間違った事をする時があります。
でも大切なのはそれに気づいて、
反省し、前向きにあやまちをなおす事です。
「平和を大切にしてね。」
「自然を大切にしてね。」
大きな木からの温かいメッセージが
つまった絵本です。
ページトップへ
●「THEROADWINGSUPHILLALLTHEWAY」
1999年4月発売 The MIT Press

ページトップへ
●アグネスが教えるとっさのひとこと中国語
1999年1月発売 KKロングセラーズ

読むだけで中国語がわかる、中国語が通じる!
誰もが使う短いフレーズも、
知らないと誤解を招くフレーズも紹介。
アグネス直伝の中国語講座。
ページトップへ
●ねがいをのぼる太陽に
1998年12月3日発売 日本航空文化事業センター

バングラディッシュの河の側に住む
アムラのお話です。アムラは学校に行きたい
のですが…家の仕事をしなければなりません。
そんなアムラを描いた絵本です。
ページトップへ
●アグネスのナチュラル薬膳-きれいになるレシピ35
1998年10月1日発売 新声社

アグネスが日常的に実践している
薬膳料理というものを、
日本で簡単に誰もが手に入れることのできる
食材で、作れるレシピ集です。
ページトップへ
●ダギーへの手紙
1998年6月25日発売 佼成出版社

「いのちと死」
死と孤独、小児ガンに立ち向かった子どもたちに
1人の博士が生きる勇気を与えました。
これは、命のおはなしです。
ページトップへ
●白い靴下はもう似合わない
1997年7月28日発売 実業之日本社

人は、ただ歳を重ねるだけで素敵な大人に
なれるものではありません。
恋をしたり、遊んだり、勉強しながら
毎日の積み重ねで生き方や
センスを磨いていくのです。
恋もセンスも生き方も…
素敵な自分を見つけよう。
ページトップへ
●アグネスの英語で世界を考える
1997年4月16日発売 筑摩書房

インターナショナル・マインドを身につけよう!
アグネス・チャン薯英語の教科書です。
ページトップへ
●アグネスの 旅 香港指南
1997年1月30日発売 扶桑社

アグネスが紹介する香港の旅事情。
ショッピング、食からアグネスが生まれ育った
香港を紹介します。
ページトップへ
●かわうそオリバーと、ゆかいななかま(1〜4)
1996年12月24日発売 Gakken

ゆかいな動物達の心温まる絵本短編集。
ページトップへ
●いじめない いじめられない いじめさせない
1996年11月25日発売 労働旬報社

まったく新しい視点のいじめ対策!
親、子ども、教師のあなたに
読んでもらいたい著書です。
ページトップへ
●みんな地球に生きるひとPart2
1996年6月20日発売 岩波ジュニア文庫

大評判の前薯から9年。
二児の母となったアグネスは、
コンサート、講演、ボランティア活動に大活躍。
教育学博士にもなり、
この間に出会ったカンボジア、フィリピン
など世界の子供達や、
阪神大震災で被災した子供達との
交流を中心に、
いじめの問題にもとりくんだ、
感動のふれあい体験第二弾!
ページトップへ
●Keep on Smiling
1996年6月20日発売 南雲堂

アグネスの実体験に基づいた
英語の教科書です。
ページトップへ
●アグネスのおやつですよ
1996年5月25日発売 主婦と生活社

誰でも聞いただけで、すぐに作れる
簡単おやつ。
楽しく作れて、子供たちと一緒に美味しく
いただく、手作りおやつのよさはそこにあります。
アメリカで教わった簡単おやつ、
普段よく食べる中国風おやつを紹介します。
ページトップへ
●大人だって泣いていい
1995年9月20日発売 小学館

被災地でのコンサート、
はじめて明かすいじめの体験
そして子ども時代の香港の話が描かれています。
ページトップへ
●お母さんの子育て心理学
1994年9月10日発売 労働旬報社

アグネスの実体験の子育てを
心理的な部分でアドバイス!
ページトップへ
●ママ、博士にならなくてもいいよ
1994年2月5日発売 朝日新聞社

1989年9月から92年6月まで
子供を連れてアメリカのスタンフォード大学
(教育学部・博士課程)に留学しました。
働きながら子育てをし、
おまけに学生もやっていた時のお話です。
ページトップへ
●新しい女
1993年12月31日発売 読売新聞社

女性たちの不満と悲しみ…
日本の女性たちの背後にあるもの…
新しい女性ネオウーマンとしてアグネスが
女性というものを描いてます。
ページトップへ
●A TALK WITH AGNES CHAN
1993年12月20日発売 南雲堂

アグネスの実体験に基づいた
英語の教科書です。
ページトップへ
●不思議の国のOLたち
1993年6月15日発売 にっかん書房

仕事か恋か、恋か結婚か、
これは20代の働く女性にとって
次から次へと来る難題です。
まるで不思議の国に迷い込んだ
アリスのように、立ちずくんでる女性に
とって出口を見つけられる著書です。
ページトップへ
●スタンフォードの朝
1992年9月21日発売 日本文芸社

1989年よりスタンフォード大学
教育学部博士課程に留学。
本書は、留学中のアグネスの
学生生活を描いたものです。
ページトップへ
●TO BE INTERNATIONAL
1992年1月20日発売 マクミラン・ランゲージハウス

ページトップへ
●幸せなのになぜ涙がでるの
1991年6月20日発売 労働旬報社

豊なはずの日本で
結婚、夫、子供、家族…
あたりまえのような存在が…
あたりまえ、平和だからこそ
考えさせられる著書です。
ページトップへ
●ごめんなさいがいえなくて
1990年11月発売 産研

ビーバーのたろうくんとももちゃんの
とっても心温まるお話です。
ページトップへ
●アグネスの香港指南
1989年10月25日発売 講談社
ページトップへ
●ツバメの来た道
1989年8月20日発売 中央公論社

12歳の夏。香港のごく普通の女の子が
何故、歌手になったのか。
どうして日本でアイドルになったのか…
この本の中には、1人の少女の痛々しい、
だけど微笑ましい物語が詰め込まれています。
ページトップへ
●COSMO READINGS心をこめてアグネス
1989年7月10日発売 南雲堂
ページトップへ
●愛、抱きしめて
1989年5月18日発売 現代書林

歌手として、女性として、そして母親として、
せいいっぱい生きてきた3年間(当時)の軌跡を、
自分自身の言葉で語った
アグネス・チャンからのメッセージです。
ページトップへ
●アグネスの体験的国際交流論
1989年3月20日発売 日本放送出版協会

いつの時代も国際交流は、世界の政治や経済、
文化を左右する大きな役割を果たしてきた。
本書は、世界中を飛び歩き、
庶民レベルでの心温まる国際交流を幅広く実践し、
共鳴・共感の輪を広げてきた
アグネス・チャンの信州大学における講義抄録です。

ページトップへ
●アグネスの命がいっぱい
1988年12月1日発売 小学館

アグネスが長男和平君を産んだ時から
子育てのお話をリアルタイムで描いてます。
ページトップへ
●子連れ出勤を考える
1988年10月20日発売 岩波書店

1988年アグネス・チャン×原ひろこさん
が子育てについて対談した内容が
描かれています。
ページトップへ
●アグネスのLOVE JAPAN
1988年6月17日発売 南雲堂

アグネス著書、英語の教科書です。
ページトップへ
●アグネス・チャンと世界を語ろう
1987年12月25日発売 三修社

アグネスが世界各国で活躍する18人もの
日本人と対談してる模様が描かれています。
ページトップへ
●アグネスの中国家庭料理入門
1987年12月10日発売 講談社

アグネス直伝の中国家庭料理レシピ集です。
ページトップへ
●ひなげし語録
1987年9月25日発売 三笠書房

「いろんな人がいて、いろんな世界があって、それで自分がいる。」
17歳の大冒険・アイドルの悲哀
カナダ留学記から香港式生活まで、
自分をひとまわり大きくしてくれた出会い体験を
語りつくしたアグネス・ジャーナル。
ページトップへ
●みんな地球に生きるひと
1987年6月22日発売 岩波ジュニア新書

幸せとは何かを気づかせてくれた桂林のおじいさん
歌手としての眼を開かせてくれたシスター
飢餓のアフリカを訪ねて学んだ人間のやさしさ
恐かったNASAの取材
中国の子供達との歌での出会いと別れ
赤ちゃんを産んで知った母としての思い。
大活躍のアグネスの、心あたたまるふれあい体験。
ページトップへ
●私の赤チャンネル
1987年2月2日発売 フジテレビ出版

アグネスがママになって帰ってきた!
おかしくって、ちょっぴりツーンとくる
アグネスと12人もの著名人の温かい
親心がつまった一作です。
ページトップへ
●不思議の国のアグネス
1986年1月10日発売 河出書房出版

アグネスの心温まる詩集です。
ページトップへ
●ひなげし語録2 愛が見つかりそう
1985年11月15日発売 現代出版

アグネスのすぐれた感受性が
やさしく、愛らしく、そしてきびしく
あふれています。
ページトップへ
●E.T.2緑の惑星ストーリーブック
1985年10月21日発売 CBS・ソニー出版
ページトップへ
●歌で平和を…。-帰ってきたつばめ-
1985年6月30日発売 徳間ジャパン

この本は、1984年の
「国際青年年世界平和シンポジウム」
論文募集に、アグネスが本名の
陳美齢として応募した論文を本にしたものです。
ページトップへ
●アグネスの香港指南
1985年6月1日発売 講談社

アグネスが紹介する香港の旅事情。
食からアグネスが生まれ育った
香港を紹介します。第1弾アグネスの香港指南。
ページトップへ
●ひなげし語録
1984年5月10日発売 現代出版

アグネスが感じたままに素直な気持ちで
世論を描いてる著書です。
ページトップへ
●アグネス・マイ・中華
1983年11月12日発売 誠分堂新光社

お母さんの味
中国家庭料理の作り方が
ぎっしり詰まった作品です
アグネスの料理本第1作目!
アグネス・マイ・中華
ページトップへ
●HAPPY ENGLISH〜英語は目で覚えよう
1980年1月14日発売 集英社

アメリカに、お友達がいたら、なんて、
ステキなんでしょう!!
イギリスに旅行できたら、
とってもハッピーですね!!
いつでも、どこでも、世界の人達とお話できたら、
あなたの夢も、グーンと大きく
広がることでしょう!!
あなた自身も、もっとチャーミングに
なるにちがいありません。
英語って、とっても役にたつ言葉なんです。
そして、英語は、やさしいのです。
さあ、アグネス式、カンタン英会話のレッスン開始。
ページトップへ
●不思議の国のアグネス
1979年7月5日発売 六興出版

私、今でも信じてる事がある……
”人生は愛です”と
愛があれば、心もひらく
愛があれば、自由のままで生きられる
そして、いつか私達の愛は、この地球をつつめるほど大きくなる
そして、いつか私達はの愛は2000年代の少年達を育てる
私ひとりには出来ない事
あなたひとりにも出来ない
愛の魔法はみんなで実現させるものなの……

アグネスが色んな想いを詩として表現しています。
詩集「不思議の国のアグネス」
ページトップへ
●ハッピー・アゲイン
1978年9月10日発売 二見書房

1978年6月15日アグネスはカナダのトロント大学を卒業しました。
すぎてしまえば、長いようで短かった2年間。
外国での1人暮らしは、簡単なことではありません。
つらかったこと、楽しかったこと、悲しかったこと…
みんな大変な事ばかり。
でも、カナダで送った2年間は、アグネスに色々な事を身につけさせてくれました。
一つ一つ振り返ると心があつくなります。
この本にそんな暖かさが詰め込んであります。
アグネスがカナダトロント大学在学時代のお話が描かれた著書です。
ページトップへ
●お元気ですかLOVE LETTER from AGNES CHAN
1977年5月31日発売 ペップ出版

父の死を乗り越えて、カナダトロント大学留学に行くまでの過程、
カナダでの生活を描いた自身初のフォトエッセイ集です。
ページトップへ
●鈴木武樹とアグネスチャンの英語の時間です
1977年1月10日発売 サンリオ
ページトップへ
●また逢う日まで
1976年11月20日発売 ペップ出版
ページトップへ
●小さな恋のおはなしPART掘嵶のメロディー」
1976年6月1日発売 ワールドレジャー

アグネス初のイラスト詩集第3弾!!
ページトップへ
●イラスト詩集「小さな恋のおはなしPART供
1975年8月20日発売 ワールドレジャー

アグネス初のイラスト詩集第2弾!!
ページトップへ
●イラスト詩集「小さな恋のおはなし」
1974年12月5日発売 ワールドレジャー

あなたに何かあげたい
あなたに喜んでもらいたい
でも私は
何もありません
ただひとつの贈りもの
それは私の
心です……

アグネス初のイラスト詩集第1弾!!
ページトップへ


Copyright (C) AGNES CHAN. All Rights Reserved.

   
AGNES CHAN OFFICIAL SITE 〜アグネス・チャン オフィシャルサイト